自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

京都の自動ドア修理

HOME > 京都の自動ドア修理

京都の自動ドア修理

京都の自動ドアのよくあるトラブル

京都の自動ドアのトラブルで最も多いのは、自動ドアが開かない、閉まらないといった開閉トラブルです。自動ドアの故障の原因は様々な理由が考えられます。自動ドアが故障したかな?と思ったら、以下のポイントを見てみましょう。
スイッチやブレーカーは入っていますか?灯台下暗し!実は意外と多いのです。
レールに物が挟まっていませんか?鍵が閉まりにくい場合も見てみましょう。
自動ドアの回りに物を置いていませんか?センサーが反応してしまう場合があります。
タッチ式の場合、スイッチ内部の電池交換はしてみましたか?スイッチのカバーの下部にネジがある場合が多いので、探して交換してみて下さい。
自動ドアに掲示物が貼ってあると、補助センサーに反応してしまう事も多いので確認しましょう。

京都の自動ドアの種類

京都の自動ドアにはどのような種類があるのでしょうか。一般小売店などに多い片開きの引戸タイプは最も一般的な自動ドアといえます。官公庁や企業の入口にある自動ドアには両開きの引戸式が多いようです。変わったところでは、寺岡オートドアなどに代表される、ビルや、催事場などに多い回転式の自動ドアがあります。回転式は扉が常に内外の空気を遮断している状態ですので、空調効果が高く、遮音効果もあります。ナブコなどに代表されるのは二重引き戸です。これは通常の引き戸よりも広い間口を実現できる自動ドアです。
京都の自動ドアのメーカーには、そのほかにナブコシステムズ、ソリック、ドリーム製が有名です。自動ドアを取り付ける際には、料金や価格だけでなく、どのような用途でお使いになるかをよく考えて、ピッタリのものを選べるとよいですね。