自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

佐賀の自動ドア修理

佐賀の自動ドア修理

佐賀県の自動ドア

佐賀県と聞いて思い浮かぶのは、呼子のイカ、唐津くんち、伊万里焼・有田焼などである。また芸人のはなわが地元である佐賀県の歌を歌いヒットさせ、佐賀の知名度を以前よりアップさせたこともまだ記憶に新しい。佐賀県の県民性を面白おかしく歌ったものではあるが、地元愛も感じられ、内容はわりと事実らしい。とは言え、佐賀には県が選定した佐賀県民の歌がきちんとあり、そこに描かれているとおり佐賀県の人々は豊かな自然の中に調和しつつ暮らしてきた。佐賀平野近辺では穀類、野菜、果実などの農業、入り江の多い玄界灘に面する北西部では果樹農業や畜産、またアジ、サバなどの魚類やイカ、タコ、エビなどの沿岸漁業が盛んである。有明海に面した県南地域では海苔の養殖が盛んである。
佐賀県内の都市部は、県庁所在地で同県最大の人口を擁する特例市である佐賀市で、経済・行政の中心地である。市街地は佐賀平野の中心付近に位置しており、福岡(博多)まで特急で30分と近いが、山地を隔てているため生活圏や雇用圏は分かれていて、鳥栖市のようなベッドタウン化はみられず、江戸時代より佐賀藩の城下町として発達してきた。鳥栖市・久留米市が交通拠点・工業地域、唐津市が港湾・観光都市であるのに対し、佐賀市は農業地帯の中心に位置する地方都市や佐賀県中部・東部の商業都市としての面が強い。
佐賀県でも、自動ドアは県全体に普及している。店舗、オフィス、工場、また役所や病院など、自動ドアは様々な出入口に設置されているからである。自動ドアにはセンサー式やタッチ式、マットタイプなどあるが、どれも共通しているのは扉の開け閉めを自動で行うことができるドアということである。センサーで人を感知し、近づくと自動的に開かれたり、タッチする事で自動で開くもので、重いドアを自分で開け閉めする必要がなく両手に荷物を抱えた人やカートやベビーカーでの通行時やお年寄りなど、人に優しい設備なのである。

佐賀県の自動ドアのメンテナンス

自動ドアは、ナブコ、テラオカ、ソリック、YKK、ホクヨー、ドリームなど多数ある。多くの部品と機器で構成されており、その中でも、安全に対する影響が大きいものと、消耗が進みやすいものについては定期的な点検が推奨されている。専門技術者の点検の結果、消耗や損傷が著しいなど正常な機能が発揮できない部品等については、必要な範囲で部品交換等の修理措置を行い、自動ドアの正常な機能の回復を図ることになる。修理は高額となるケースがあるのでなるべく定期メンテナンスをマメに行い、もし修理となった場合は、無料で見積りをきちんと出してくれ、評判の良い業者を探すのがよい。詳細はスマートサービスにご確認ください。