自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

宮城の自動ドア修理

宮城の自動ドア修理

宮城県の自動ドア修理相場

宮城県は明治政府の誕生後、仙台市を中心に発展が始まりました。
1980年以降、東北で最も人口の多い県となった宮城県は人口の約45%を仙台市が占めています。
都市化が進む仙台市では、店舗や企業・病院や施設が建ち並びます。
現代のビルや複合施設、マンションなどには自動ドアが設置されていることが多く、様々な使用の自動ドアを見かけますが、自動ドアの故障が起きた時の対処はご存知ですか?
タッチセンサータイプが一方向からしか開閉しなかったり反応が悪かったりする場合はタッチボタンの中にある電池を交換するだけで直る可能性があります。
自動ドアの可動がガタついたり摩擦音がする場合はレールを掃除してゴミや砂埃を除去するだけで軽減されることがあります。
それでも不調な場合には早めに修理をしたほうが良いでしょう。
そこで問題なのは専門業者を依頼した際にかかる修理費用です。
修理の内容や専門業者によっては出張費や見積料金などが発生する事があります。
なにより修理内容により金額は異なり、1社で複数パターン出してもらえる事もあります。
自動ドアの修理や定期メンテナンスを検討されるときは修理専門業者へ相談しましょう。

宮城県の自動ドア専門業者

宮城県は海と山に挟まれているため山の幸と海の幸が豊富に取れ、豊かな自然を生かした農業が盛んです。
宮城県は比較的酷暑が少なく降雪量も少ないため過ごしやすい気候ですが、地域によっては豪雪地帯にも指定されています。
雨や雪が降る日は自動ドアの故障が多く、修理のご依頼を多く頂きます。
何故、雨や雪の日に故障が多くなるかというと、自動ドアの内側に補助光電センサーが付いており、左右で光線センサーの送信と受信を行います。 この光線が途切れていると異物があると判断され閉まらなくなります。
雨や雪で水滴がこのセンサー部分に付着していると光線が歪み、光を受信できなくなるため自動ドアが閉まらなくなります。 拭いたり、乾いたりすると再び問題無く動くようになります。 上記のように簡単に問題を解決できる場合もありますが、エンジンやベルトが原因の場合もあり、不調が続いたり違和感があるようならば大きな事故に繋がる前に専門業者に見てもらうようにしましょう。