自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

山形の自動ドア修理

山形の自動ドア修理

山形県内の自動ドアトラブルとメンテナンス

山形県は自然豊かな大地で、蔵王、朝日・月山、飯豊、吾妻、鳥海などの名峰を持ち、全国で第9位という広大な面積を持ちます。
山形県は歴史ある文化遺産や白糸の滝、蔵王連峰、天然の温泉などの観光地としても栄えています。
山形県内にある商業施設や宿泊施設、公共施設には自動ドアが設置されている事がおおいのですが、自動ドアのメンテナンスはしていますか?
自動ドアにするメリットは手を使わずに通行可能な便利さや、障害者・高齢者なども円滑に通行可能なため、利便性から自動ドアを設置する店舗や企業がますます増えています。
自動ドアのメリットは何となくみなさん予想がつきやすいと思います。
それでは自動ドアのデメリットは何でしょうか。 まずは電気代、そして故障などのトラブル、更にトラブルが原因での事故。と言ったところでしょうか。
自動ドアの電気代については通行量にもよりますが、とあるコンビニ(24時間営業)ので両開きタイプの自動ドアで計算したところ1年で約2,000円程度だったそうです。
そうなると電気代については心配するよりも、むしろ「省エネ」であることが分かります。
次に自動ドアのトラブルです。 私自身、幼いころ自動ドアが反応せず扉の前で数回ジャンプした記憶があります。 他にも閉まろうとするが閉まり切らず、開閉を繰り返す。 誰もいないのに開閉する。 開ききらない、途中で止まる、開閉のスピードが遅くなった。
など、様々な症状が有ります。 自動ドアの中には扉にタッチして開閉するタイプがあり、タッチする部分が長方形の箱型になっているタイプは、その箱の中に電池が入っており、電池を交換することにより「反応が悪い」等の症状は改善されることがあります。
開閉を繰り返している場合には、床からヒザした程の高さの位置に「補助光電センサー」という安全装置があり、これは本来挟まれるのを防止するためのセンサーで、送信と受信で間口の両サイドに付いています。 そのレンズに水滴や雨水が付着すると光線が屈折して受信できなくなるため異物や人がいると誤認し、開閉を繰り返します。 また、自動ドアのレールにゴミや異物があると、同様の動作をします。
レンズを拭く、またはレンズ内に侵入した水が乾く、レールを掃除する事で上記の症状は改善されることがあります。
この様に自分で簡単に解消できる場合もありますが、自動ドアのトラブルは使用している人へ重大な怪我を負わせてしまう事もあります。
自動ドアに挟まれて骨折したり、開かなかったドアにぶつかり割れたガラスで手や足を切り30針以上縫う大怪我をしたり、と自動ドアによる事故が毎年報告されています。
開閉に違和感や異音など自動ドアの不調を感じた際は、早めの修理をおすすめいたします。