自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

神奈川の自動ドア修理

神奈川の自動ドア事情

神奈川の自動ドア業界はメーカーの影響力がとくに強く、独立系の自動ドア修理業者は新規参入が難しい。そのため自動ドアメーカーは殿様商売になりがちで、修理やメンテナンス依頼でのクレームも多い地域だ。メンテナンス契約をしている自動ドア業者と喧嘩して独立系の自動ドア修理業者を探す人も多い。つまり新規の自動ドア修理業者にとっては参入障壁は高いが入ってしまえば天国という状態である。個人的には神奈川にもっと独立系の自動ドア修理業者が増えてくれれば市場も消費者にとって公平なものになると考えている。中には神奈川にいるのに東京の自動ドア修理業者にわざわざ依頼をかけることも少なくない。

神奈川によく設置されている自動ドア

神奈川はナブコ製の自動ドアが良く設置されている。ナブコは独立系の自動ドア修理業者への自動ドアの部品供給をほとんど行っておらず、修理はメーカーに直接依頼するしかないケースが多いです。修理ではなく自動ドアの交換も視野にいれると多くの自動ドア業者を選択できるので交渉の幅が広がるのでお勧めです。

神奈川の自動ドア営業

神奈川の自動ドア営業の評判はあまりよくない。原因はよくわかっていないが、前述のとおりわざわざ他県の自動ドア業者に依頼がかかるほどだ。神奈川の自動ドア営業の担当者はより一層の営業努力が必要だろう。

自動ドアの故障原因

自動ドアの故障原因は多種多様でどれが一番多いかは断定することは難しい。滑車が経年劣化でだめになったり、ベルトが摩耗してつかえなくなったり、またモーターがダメになるケースもある。ただ自動ドアが動かなくなったときにまず考えてほしいのが電池交換だ。これはタッチ式の自動ドアでよくあるケースです。自動ドアに使われる電池交換の目安は使用頻度にもよりますが約3年程度となっています。

神奈川の自動ドア故障について

関東平野の南西部に位置する神奈川県は、横浜市、川崎市、相模原市の3つの政令都市があり、東京についで2番目に人口の多い都道府県です。
神奈川県の商業施設やマンションなどには自動ドアが設置されている所が多くあります。自動ドアにはセンサー式やタッチ式などがありますが、日々の開閉頻度が高く消耗が早いことも多々あります。
よくある故障は動かないということ。他には、勝手に開閉する、変な音がする、動きが遅い、きちんと閉まらないなどがあります。動かない場合はまず電源を確認してみて下さい。センサーのランプが点灯しているか確認するのもいいでしょう。タッチ式の場合、扉にあるタッチ部分の電池が切れている事がありますので、電池を交換して下さい。それでも動かない場合は故障が考えられますので、神奈川県の自動ドア修理業者に見てもらいましょう。
その他の不具合については、モーターの不具合やローラーの脱輪、ビスの緩み、下のレールに異物が挟まって動かないなどの原因が考えられます。詳しい故障の原因は自動ドア専門の修理業者でないとわかりませんので、早めに修理を依頼しましょう。

神奈川県の自動ドア、日ごろのお手入れについて

自動ドアのお手入れをする場合は必ず電源を切ってから行って下さい。
下のレールはゴミがたまりやすい所です。ホコリや小石などをこまめに取り除きましょう。センサー部分が汚れると反応が悪くなることがあります。柔らかい布などで拭いてきれいにして下さい。タッチ式スイッチの電池は概ね3~4年が交換の目安となります。反応が鈍くなってきたら早めに交換しましょう。
何より大切なのは定期的なメンテナンスです。神奈川県で信頼できる自動ドア修理業者を探し、できれば年に1度はメンテナンスをすると良いでしょう。

地区ページ

相模原市の自動ドア修理
平塚市の自動ドア修理