自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

秋田の自動ドア修理

秋田の自動ドア修理

秋田県の自動ドア

秋田県と言えば、思い浮かぶのはやはり男鹿のなまはげ、横手のかまくら、角館の武家屋敷、乳頭温泉、田沢湖、世界遺産白神山地等などです。また毎年8月には、大曲市(現在は市町村合併で「大仙市」)で開かれる花火大会と、秋田市で行われる秋田竿灯祭りが有名です。大曲花火大会は全国有数の花火師が集まって披露する競技会になっており、毎年盛大に花火が打ち上げられます。竿灯祭りは大きいもので46個の提灯がつけられた12メートルの竿燈を差し手が頭や肩、腰などに移し変えながら練り歩く伝統的な祭りです。1万個もの提灯が熱気にあふれた幻想的な夜を演出し、今では海外からも多くの人が訪れています。その他秋田県には、お米のあきたこまち、きりたんぽ、ハタハタ、稲庭うどん、比内鶏など美味しいもので溢れています。
このように秋田県は、観光スポットとしても魅力のある県で、多くの宿泊施設や店舗があります。自動ドアは、大きく重いドアでも自動で開閉させることができるので、両手に荷物を抱えた人やカートでの通行時もハンズフリーで通行できるため、お客様の多い商業施設や宿泊施設、公共施設などの施設では、利便性向上のために積極的に採用されています。また高齢者・障がい者等、多くの人が円滑かつ快適に施設を利用するために、自動ドアは欠かせない設備です。秋田県内にも多くの自動ドアが活躍しています。自動ドアには引き戸、二重引き戸、回転式、タッチ式、センサー式などの種類があり、メーカーは、ナブコ、テラオカ、ソリック、ドリームなどがあります。

秋田県の自動ドアのメンテナンス

 自動ドアには、日常のお手入れが大切です。外部に面した設置場所では、落葉時期や暴風雨の後など、ドアの軌道となる部分(とくにガイドレールの溝など)のゴミを掃除しましょう。サッシの清掃は、普通の汚れや手あかの場合は中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭き取り、乾いた布で水気および洗剤を拭き取ります。落ちにくい汚れや油性の汚れの場合は、アルコール・ベンジンなどで拭き取り、乾いた布で水気を拭き取ってもよいですが、サッシ表面の材質によっては影響が現れることがあるので使用には注意が必要です。センサーの検知窓にほこりなどが付着すると、センサー感度が鈍くなり、不具合の原因になる恐れがあります。汚れた場合はすぐにきれいな乾いた布で拭き取ります。そのとき注意したいのはセンサーの取り付け角度が変わると検知範囲が変わってしまうので動かさないようにすることです。以上のようなお手入れを行っていても故障やトラブルが起きてしまった時は、ご自身による調整や修理は更なるトラブルの元になりかねませんので、評判の良い専門の自動ドア修理業者を呼び診てもらいましょう。