自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

茨城の自動ドア修理

茨城県の自動ドア

茨城県は、関東地方の北東部に位置する県です。県の人口は2,912,087人(2015年5月)で、日本の総人口の約2.3%を占めており、静岡県に次いで全国第11位です。政令指定都市を持たない県では最も人口が多いものの、人口が分散されており、人口30万人以上の都市は存在しません。面積は6,094km2で国土の約1.6%を占めています。
県北部は日立市・ひたちなか市で工業化が進むほか、太平洋や八溝山地のある緑豊かな地域を形成しています。県中央部の水戸市に茨城県の県庁が置かれ、小美玉市に茨城空港があります。県東部の鹿嶋市・神栖市では鹿島臨海工業地帯で工業化が進んでいます。県西部は関東平野の中央部にあたり、農業を中心とした内陸の地域となっており、県南部は筑波研究学園都市や首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの整備で東京特別区のベッドタウンとしての開発が進められた地域となっています。
日常生活でなにげなく通っている自動ドアは、人の生活に密着しているので、このように広く、人口も多い茨城県では必然的に自動ドアの数は多くなります。
自動ドアとは、開け閉めを自動で行うことができるドアですが、センサーなどで人を感知し、近づくと自動的に開かれるもので、自分で開け閉めする必要がないため手間が省けるので、店舗、オフィス、住宅などの建物に自動ドアが多いです。当たり前のように取付けられている自動ドアですが、改めて自動ドアのことを考えると、普通のドアは開け閉めする場合に腕に強い力を入れる必要がありますが、自動ドアは力が弱くて簡単にドアを開けることができない方や荷物を持った方に親切なものです。

茨城県の自動ドアのメンテナンス

 自動ドアは、人の出入りがある度に開閉するので、一日に開閉される回数は数え切れないほどになります。お店やオフィスの入っている建物では、開いていない真夜中には稼動を停止させているところもありますが、コンビニエンスストアのように24時間ずっと稼動しているところもあります。そのため自動ドアには定期的に保守メンテナンスを行う必要があります。怠ってしまうと、突然故障で動かなくなり困ってしまうことになります。そうすると修理に余計なお金がかかることになる事になります。そのような事態を避けるため、自動ドアの保守メンテナンスは欠かさずに行うことが大切です。まだお使いの自動ドアの保守メンテナンスをされていない方は、お早めに自動ドアの保守メンテナンスをされることをお勧めします。自動ドアが使えなくなるととても不便なだけではなく、店舗であればお客様が入る事ができないという事になってしまいます。メンテナンスにはクチコミなどの評判のいい会社を選ぶといいでしょう。自動ドアは常に安全、確実に使い続けられるよう維持しておきましょう。