自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

長崎の自動ドア修理

長崎の自動ドア修理

長崎県における自動ドアのよくあるトラブル

長崎県は大小様々な971の島からなっており、海岸線の長さは北海道に次ぐ全国2位。
長崎県の県庁所在地である長崎市は市域の約8割が斜面になっています。
長崎県は深い歴史があり、観光地として人気があります。 
お土産物屋さん、飲食店、美術館など様々な場所の入口に設置されている自動ドア。
一昔前は自動ドアが開かず、ドアの前でジャンプしている人を時折見かけました。
以前の自動ドアはセンサーが誤認識をして人もいないのに勝手に開閉する事が多々あり、現在では、無駄な開閉をしないようタッチ式が主流になっています。
そのため、自動ドアがタッチボタンを押しても開かず、何度もバシバシ叩く姿を見かけるようになりました。
タッチボタンは電池交換して改善される場合もあります。
その他よくあるトラブルといえば、閉まりきらず隙間ができる、スムーズに開閉しない、異音がする、モーターは動いているがドアが動かない等。
自動ドアのトラブルは怪我や事故の元になります。
異変や違和感がありましたら早めに自動ドア修理の専門業者へご相談ください。

長崎県の自動ドア修理業者

長崎県は江戸時代から捕鯨が盛んで、鯨の消費量は全国1位です。
長崎県は温暖で寒暖差も小さいため過ごしやすい気候です。
自動ドアは両手が塞がっていても通れたり、身体障害者や高齢者も、押したり引いたりすることなく通過できます。
ドアが開けっ放しにならない事で、室内に風や砂埃等が遮断され、冷暖房の電気代も節約できます。
自動ドアには様々なメーカーが存在し、片開きや両開き、回転式などタイプも様々です。
開閉もセンサータイプやタッチタイプ、足踏みマットタイプなどがあります。
自動ドアを新しく取付けたい、古いから新しくしたい、センサーからタッチ式にしたい。
など、自動ドアに関するご相談は自動ドア修理の専門業者へお任せ下さい。