自動ドアの故障・修理なら全国見積無料のスマートサービスで

香川の自動ドア修理

香川の自動ドア修理

香川県の自動ドア

 日本の自動ドアは1920年代後半に船に設置されたのが始まりです。その後、建築用として1950年代後半から広く普及してきました。日本国内では現在、200万台以上の自動ドアが設置されていると推定されています。当初は利用者の利便性を高める目的でした。しかし最近では、バリアフリー、環境保持や省エネ、セキュリティ、衛生管理など、さまざまな付加機能を備えるようになり、用途が拡大しています。
 さて、香川県と言えばうどんの生産数が日本一ということで「うどん県」としてすっかり有名になりました。その讃岐うどん以外にも特産品には和三盆糖、オリーブなどもあり、うちわの生産数も日本一です。また瀬戸内海に面することもあって魚類(特にカタクチイワシの煮干)も有名です。その他意外なところでは、世界の8割の水族館のアクリルガラスが香川県産となっています。
 香川県では観光客の数が増えており、2013年の1年間に香川県を訪れた県外からの観光客が前年比3・2%増の917万7千人で、平成以降で初めて900万人台となり、過去最高だった瀬戸大橋が開通した昭和63年の1035万1千人に次ぐ2番目の規模でした。平成23年から始めた「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクトによる知名度アップに加え、瀬戸内国際芸術祭が増加につながったとみられます。
このように観光地として人気の香川県では、自動ドアの設置数も多くなっています。 大きく重いドアでも自動で開閉し、両手に荷物を抱えた人やカートでの通行時も自動ドアならハンズフリーで通行できるため、特に店舗などの商業施設や宿泊施設、公共施設などのお客様の多い施設ではサービス向上のため自動ドアが採用されているのです

香川県の自動ドアの修理とメンテナンス

自動ドアの内部に組込まれている機械や制御機器、センサー等は、ドア開閉の繰返しや、年月の経過等によって、磨耗や劣化が進行します。これを放置しますと、正常な機能が損なわれて、故障や事故の原因となることがあります。日常点検と、専門技術者による定期的な保守点検が必要です。専門技術者の点検の結果、消耗や損傷が著しいなど正常な機能が発揮できない部品等については、必要な範囲で部品交換等の修理措置を行い、自動ドアの正常な機能の回復を図ることになります。自動ドアを常に良好な状態を維持するためにも、メンテナンス作業(点検・整備)や修理は、スマートサービスにお任せください!